日本国内および中国現地での中国語通訳派遣のことなら

スタッフ登録数業界最大級!派遣先選ばず!中国国内在住者も多数!
中国人   
中国語 通訳が可能な日本人   
厚生労働大臣許可 派遣業務:般26-300019 有料職業紹介業務:26-ユ-300016
H2

10年間で培った安心・信頼の実績

  経験豊富な通訳者 スピーディな対応
H2

対応可能な通訳の説明

逐次通訳

もっとも一般的な通訳方法です。 元の話者が中国語を話した後、 続けて日本語で通訳を入れる方法です。
日本語から中国語の通訳でも同様です。
アテンド・商談・会議・監査・ガイド・研修など、多くが逐次通訳に含まれます。  続きはこちらarrow

ビジネス通訳

ビジネス上でのプレゼンテーションは、商談、契約といった重要なものが多く、通訳者には幅広い知識や、専門性の高い知識がが要求されます。  続きはこちらarrow

ウィスパリング通訳

同時通訳同様、話者が中国語を話すのと同時に通訳が行われます。
同時通訳と違う点は、通訳対象者が1名または少人数に限られることです。
通訳者は、対象者の耳元でウィスパリング(囁く)で通訳します。
中国語での会議、講演、セミナーなどで利用されます。 続きはこちらarrow

同時通訳

中国語が話されると同時に、日本語で通訳を行います。日本語から中国語への通訳も同じです。同時通訳は、通訳者がブースに入ってマイクを通じて通訳を行うのが特徴です。
なお、1名の同時通訳者が続けて同時通訳できるのは10分程度です。そのため同時通訳は複数名で交代制で行います。 シンポジウム・大型のプレゼンテーションやセミナーなどで利用されます。
事前に原稿などの資料が必要になります。 続きはこちらarrow

会議通訳

ビジネス分野に限らず、政治、科学、文化などさまざまな分野で、通訳が要となる会議が実施されています。参加者も、数名から100名以上までさまざまです。
内容や規模次第で、同時通訳、ウィスパリング通訳、逐次通訳を使い分ける必要があります。
専門性が必要な場合が多々ありますから、高い質の会議通訳を行うためには、綿密な打ち合わせが欠かせないでしょう。 続きはこちらarrow

その他の通訳

他、放送通訳やガイド通訳といった特殊な通訳があります。 形式の上では逐次通訳として分類されますが、医療、法廷通訳といった専門の知識や技術を要する通訳分野もあります。
H2

中国語 通訳者をお探しのお客様へ
事前に知っていればお得なあれこれ

種類

内容または状況に応じ、種類が様々です。
まずは、種類の確認をしていただき、必要としている分野を選んでいただく必要があります。
代表的な種類としては逐次・ビジネス・同時・会議があります。続きはこちらarrow

ポイント 失敗しない通訳者選び

どのような通訳者がご希望に対応可能なのでしょうか?
中国語 通訳者にもいろいろなタイプがございます。選び方のポイントは、ネイティブ言語がなにか、どのようなレベルなのか、どんな経験をしてきたかというところでしょうか。 続きはこちらarrow

ポイント 失敗しない通訳会社選び

通訳会社については大きく分けて二種類あります。
第一に、直接雇用している、つまりその会社の社員が通訳に出向く会社です。
もう一方は、通訳者登録システムを採用し、登録通訳スタッフを派遣契約もしくは請負契約で派遣するタイプです。 それぞれにメリットとデメリットがあります。続きはこちらarrow

トラブル

せっかくお金を払って通訳を依頼するのですから、トラブルはできれば避けたいものです。
ここでは、過去に失敗された先輩方の事例を基に、失敗しない通訳の依頼方法をお伝えします。
続きはこちらarrow